メッセージ/理念

リビング外観

様々な物がシェアされる時代

現在、美容室の数はおよそ25万件。

現在、美容室の数はすでに飽和状態にあります。それでもなお美容室が増え続け「オーバーストア」と呼ばれる状態で、その背景には、僕ら美容師の「独立に対する思い込み」があるのではないでしょうか?

このような状況下で僕ら美容師がこれからの時代を生き抜いていくには、固定概念にとらわれない新たな働き方が必要です。

これまでのような1つの組織が1つのサロンを運営するというものではなく、1つのサロンを独立した個人が利用する『シェアリング』という、新たな美容室の在り方をリビングでは行っています。

店名『リビング』には家のリビングを連想した意味があり、リビングは住んでいる人すべてが共有する場所であると共に美容師が一つのサロンを共有するという意味が込められています。

サロンという「箱」ではなく、個人の美容師が共存していくために必要な「働き方」こそがリビングの目指す道です。

これからも様々なチャレンジをしていきたいと思っています。まだ先の目標ではありますが海外にも出店したいと考えています。

様々な働き方、そして様々なことに挑戦できる環境を提供するとともにLivingが成長していけるお店作りをしていければと思っています。

共に美容師の新たな働き方を創りあげていきたい。自分らしく美容師をしたい。

共感してくださる美容師さんは、いつでもご相談ください。

サロン見学も随時行っております。気になる方はいつでもご連絡ください。


リビング 代表 KOUSKE

求人採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー